ECOLE 2021年度
高校生新卒採用
特設サイト

ECOLE 2021年度
高校生新卒採用
特設サイト

MENU ENTRY

仲間の声

中川洸希

入社

2019年4月

部署

ビルクリーニング(FCチーム)

エコルでの一年を振り返って

私にとってこの1年はあっという間の1年でした。
高校を卒業してすぐに就職し、アルバイトの経験もなかった私にとっては色々なことが初めて体験することでした。今まで関わったことのない年代の方たちとの作業や仕事など、すべてが新鮮でした。
床班、営業工事班、高所班と、3つの部署を体験していた頃は、教えてもらったことをしっかりと覚えて、仕事についていくのに必死でした。私は細かいミスやうまく作業ができていないことが多々ありました。私はそういったミスを必要以上に気にしてしまい、そのミスを直すことに集中するあまり、また別のことでミスをして、また気にするといった様に、1つのことがちゃんと出来るようになるまでとても時間がかかってしまいました。そんなことがたくさんあり、つらいと感じることも少なくなかったです。
でもそんな私がちゃんとできるようになるまで見てくれたり、なかなか出来ずに困っていたら教えてくれる先輩方がいてくれたおかげで、頑張ろうと思い、大変な時期も乗り越えることができました。
そんな研修期間も終わり、私は床班に入りました。床班に入った後にも、作業の細かい技術的なことや報告書の作成、ワークフローなどの事務作業などたくさんのことを教えてもらいました。そうして出来ることが少しずつ増えていき、役に立てるようになることがとても嬉しかったです。
そうして色々な現場を見ていて思ったことは、連携がうまく出来ないことがあることです。定期の現場で、自分が初めて入った時などに、作業内容は説明されますが、作業箇所の説明が大体の時があり、細かくどこをやるのかが曖昧で困ることがありました。なので、作業を始める前にそういったことの確認をすると良いと思いました。
床班に入ってしばらく経ち、年末の忙しい時期に入りました。当時はたくさんの現場が、普段の定期掃除とは別に特掃もあり、1日1日がとても大変でした。それでも自分のできる全力で頑張り、最後までやり切った時は、とても達成感がありました。入社したこ頃と比べて私に出来ることが増えたことを実感しました。
私にとってこの1年は、学生から社会人となり初めての1年として、とても良い1年だったと感じています。これからは、今までの経験を生かして、責任者として現場に入ったり、床班だけでなく他の班でも活躍できる人材になれるように頑張ります。



戻る